blog オピニオン記事 考え方

プライドを捨てる方法とは。むしろ自分のプライドって?

更新日:

スポンサーズリンク




どうも、プライドについて考えていたら自分のプライドってなんなんだろうって考え始めた星空家です。プライドが何なんだろうと言うか、自分が持っているプライドって何があるんだろうってのが正しいですね

 

プライドって何? なんなんなんなの?

正直さっぱりわかってません。

自分はプライドがあるのかないのか…あるようなないような…そんな曖昧な感じの持ち主です。

プライドを深く感じる出来事が少なかったからですかねぇ・・・ここ最近は。

彼女がいた頃は感じてたんですが…今はそうじゃないので(遠い目)

 

まず、プライドをなくすことが大事だって話を聞く

まずこれですね。

前の記事(本音で生きる堀江貴文の言葉)の本に書いてあったんです。

 

プライドをなくすことが成功するための必須条件だと。

 

これは常々感じていました。今も、前も。

プライドってどきどきに邪魔ですし、こんな感情がなければいいのになって思ったこともあります。

皆様もそう思ったことがあるんじゃないでしょうか。

 

良いプライドと、悪いプライドがあるそうです

人間には、良いプライド悪いプライドがあるようです。

 

良いプライドとは、自分を高めるために必要なプライドのこと。

例えば、自分はこれができる! これには自信がある!といったものですね。

そのプライドのおかげで成長できたり、自身を持つことができるもの。

 

こういったプライドは大事にするべきであるということです。

プライドの何から何まで悪いわけじゃないみたいですね。

 

フライドポテトも、フライがからだに悪いわけでポテトは体にいいわけです。

 

じゃぁ悪いプライドって?

じゃぁ悪いプライドってなんだろうと考えたとき。

一番最初に思い浮かぶのは何でしょうか。

 

僕は、自分の足を止めるプライドが一番悪いと思っています。

例えば、恋愛の話で言えば、別れるべきだけどプライドが邪魔して別れられない。といッタ例ですね。

 

特にこれは、人間の本能の部分であるので難しい問題。

自分の考え、客観的に見たら、一緒にいる意味が無いのに

彼女がいないのが恥ずかしい、別れたっていうのが恥ずかしいとか。

そういったプライドに邪魔されて行動できないわけです。

 

それって別れてない間の出会いを潰しているわけであり無駄な時間ですよね?

もちろん、その間に精神的な利益があるのであれば別ですよ

 

自分の行動にストップを掛けるプライドはよろしくない

基本的に、自分の行動にストップを掛けるプライドは良くないです。

 

なんでそんな感情で自分の行動をやめるのか。

それが、プライドってもんなんでしょうけど。

 

そうやって守ってきたプライドが、いつどこで崩壊してしまうかもわからないのに。

守っていいことがあるのか?と言われれば、大半の人がNo!というでしょうに。

 

そこに早く気がつけるようになりたいですね。

 

一番厄介なのが、他人に押し付けるプライド

これだけはやっちゃいけないことですよね。

 

他人に押し付けるプライドです。

これだけは、絶対に駄目。心に決めてください。

あ、フライドは他人に押し付けてもいいですよ。好きな人は好きですから!僕はチキンがいいです。

 

他人に押し付けるプライドほど、ワガママで意味がなくて人の人生を使ってしまう無駄なものはありません。

みなさんも経験があるのではないでしょうか。

 

最たる例が親のプライド

これが一番厄介。

それが、親のプライドです。世間体とも言うでしょうか。

 

親が子供に対して、自分に恥をかかせるな。親の顔に泥を塗るのか!っていうセリフを言うやつです。

いやぁ、こんな事にこそ意味があるとは思えない。

 

もちろん、犯罪とか刑罰とかそんなもので親の世間体をけがされては問題でしょう。

まぁ、そういう子に自分のプライドを押し付けたりしませんよね?そんなことする余裕があるはずがない。

 

真面目で、迷惑をかけていない子供ほど言われてしまうこのセリフ…もうちょっと子供のことを考えてほしいものです。

 

子供だって親の世間体を潰したいわけじゃない

子供だってそりゃわかってます。

 

いろんな親がいるでしょうが、育ててくれたのは両親なわけで。

そこを感謝していない人は一人もいないでしょう。

 

声にだして言えるかどうかの違いはありますけどね。

 

だけど、必ずどこかで自分のやりたいことをやりたくなる時期が来る。

そして、やりたいことをやるってことは現代日本では常識知らずと言われます。

 

やりたいことは、趣味にしておけ というのが古い日本の常識なんでしょう。ばかばかしい。

 

そして、そんな常識知らずな行動をしているのはわかった上で親にいってるわけですから。

親のメンツがどうのこうのって言ってほしくないですね…ほんとに。

 

 

他人に押し付けるプライドってのは結構有効なのだよ

他人に押し付けるプライドって結構効力があります。

 

だって、他人に押し付けるくらいのプライドのなんだもの。

そんだけ、長く大きく育ってきたものにがないわけがない。

 

他人に押し付けられるってことは、それだけの力があるんです。

それで、少し下の立場になってしまえばそれに従うしかなくなってしまう…。

 

自分のプライドを行使するには意識をしてほしいことです。

 

親の言うことを聞かなくても、子供の中にその言葉は深く残ります。

それは、これからの生涯でずっと残る。

 

それに反発できる子供ならば、強く大きくなれるのでしょうけど。

反発できない子はその言葉通りに、小さく弱くなってしまいますよ。

 

他人に押し付けるプライドってしょうもないものが多い

他人に押し付けるプライドってしょうもないものが多いです。

 

よくよく考えてみてください。

自分の持っているプライドを一つあげて、それを他人に当てはめて考えて見るんです。

 

例えば、恋人と別れたくない でもいいでしょう。

 

他人がそれを持ってたときに、自分はどう感じますか?

 

心底どうでもいいでしょう?

 

プライドなんてそんなもんなんですよ。

 

他人に押し付けている暇があれば、良いプライドを高める努力をしよう

他人にプライドを押し付けている暇があれば、さっさと行動しましょう。

 

自分のしょうもないプライドでは他人は動きません。

動いたとしても、小学生レベルの人達だけですよ。

 

そんな人達のために、自分が行動してもいいですか?

プライドを守るためには、押し付けるだけではなくその後まで見守らないといけないですからね。

 

押し付けた人に自分のプライドが傷つけられたりでもしたらたまったもんじゃないですから。

 

そんなことしている暇があれば行動しましょう。

悪いプライドの他に、良いプライドだって絶対に持っているはず。

 

そのプライドを伸ばす努力をしましょうよ!

 

良いプライドを伸ばすには

良いプライドを伸ばすには、自信をつける必要があります。

 

自分がこれだけ積み上げてきたから。

自分がこれだけ続けてきたんだから。

という気持ちが積み重なれば積み重なるほど、強く硬いプライドになっていくはず。

 

例えば、10年間営業を続けてきて、ちゃんとした成績も残していればかなりの自信になっているはずですよね。

他人に評価もされ、自分も実績が出ているというのがはっきりと数字で出ている。

ここまで来たら、もう自分のプライドを遮るものはありません。

 

それだけの自負と結果があれば、他人に何を言われようとも大丈夫

それまで培ってきた経験がすべてを答えてくれるはず。

 

あの人に言われたこの指摘点は、何年前のあの時に経験したな。だから、あのときの直し方をすれば大丈夫。

と修正がすぐに効きますから。

 

また、経験があれば何を言われたところで動揺しませんからね。

そういうこともあったなぁ。くらいで抑えることができる。

 

良いプライドを持つっていうことは、むやみに感情を振り回されないということにもつながります。

良いプライドを伸ばすことは絶対に良いことです!

 

良いプライドを伸ばすのはいいけど、悪いプライドはどうするの?

当然の疑問ですよね。

 

良いプライドをいくら伸ばしても、悪いプライドはいつまでも残ります。

それは社会生活の中で絶対に出てきて、コミュニケーションに支障をきたします。

 

じゃぁどうすればいいのか。

それはもう行動するしかないでしょう。

 

悪いプライドを持っていることを実行に移してしまうんです。

 

例えば、恥ずかしいという感情は悪いプライドの一つでもあります。

時と場合にもよりますが…。

ぼくも、とても恥ずかしがり屋で恥ずかしいことはなかなかできません。

 

このブログだって、こうやって書いていますが

実際の友人に伝えるのはなかなか勇気が入りました。

ツイッターとかで流すのにも抵抗がありますね。

 

でも、今は、積極的に見せるようにしています。悪いプライドをなくしたいから。

 

プライドをなくすためになんでもする

プライドをなくすためにはなんでもしなくてはいけません。

 

昔こんな記事を書きました。

アマゾンの大きいダンボールに入ってわかったこと

大きいダンボールに入ってたんです笑

 

タイトル名を見ても、人によってはもう恥ずかしいんじゃないでしょうか。

こんな記事、開くのすら恥ずかしいッテ・・・。

 

まぁわからなくもないですが笑

こんな記事でも、積極的に公開するようにしています。

 

だってそれが自分なんだから

だって、それが自分なんだもの。

 

自分は何をしたところで心の奥底にはそんな考えがあって、こんなことをやりたいと思っているわけです。

いつもダンボールに入っているわけじゃありませんよ?笑

 

人がすごいね!かっこいいね!って言われることだけやっていたら人間持ちません。

 

 

だから、しょうもないことをするんですが、人はそれを隠そうとします。

隠して自分だけの楽しみにしてしまう。

 

それはそれでありだと思いますが、恥ずかしいというプライドを肥大させる要因にもなりますよね。

 

だから、僕は公開します。みんなに見てほしい。

ダンボールの中にはいっている自分を見てほしい。

そんな自分を知ってほしい。ってわけですね。

 

自分のことをみんなに知ってもらえれば、恥ずかしさはなくなる

自分のことを、他のみんな。友達、親、全く知らない赤の他人に知ってもらえば恥ずかしさなんてなくなります。

 

だって、何をやっても「あぁ、そういう人だったね」って言われるだけですから。

別に変な目で見られるわけでもなく、そういう人なんだ!で済んでしまう。

 

こうなれば、人生いきやすいと思いませんか?

とっても生活しやすくなるはずですよ

 

人の目を気にすることなく、自分のやりたいことをしていても周りが受け止めてくれる。

何も言われない。

そんな素敵な世界になってしまいます。

 

だから、笑われることもさっぱりなくなるし

恥ずかしさとは無縁の生活をおくることができますよ!

 

ネットで評判の言い方はその傾向にある

僕はそう思います。

インターネットで有名になっている人は自己開示がとても上手である気がします。

 

今は、ユーチューバーが職業として認められる時代になってきています。

自分のやりたいことを動画にしてお金を楽に儲けている。と考えている人が大半でしょう。

 

ネットで人気になるってそんな簡単なことじゃないですよ

ネットという、伝えられる情報量の少ない中でどうやって自分を知ってもらうのか。

自分がドウやれば人気になるのか、なんて考えたことがないでしょう?

 

誰しもが考えたことがないようなことを続けてきた人たちがあそこまで人気になれたんです。

それを考えずにユーチューバーを馬鹿にする人は、もうダメですね。

 

あんまりかかわらないほうがいい人たちです。

 

ユーチューバーはプライド知らず?

ユーチューバーはプライド知らずです。

 

だって、一見なんでもないような日常ですら動画にして挙げてしまうような人たちですよ?

それでお金が稼げると思ってやっている。

常識から考えればありえないことじゃないですか?

 

ユーチューバーじゃないただのおっさんがやってたら恥ずかしいだけですよ。

 

その壁を、ユーチューバーは超えてきてるんです。

そこを超えて動画にして、面白おかしく編集をして自分を見せている。自己開示をしている。

 

そういう点では本当に尊敬します。

 

人気ブロガーもそう、本当に強い

人気ブロガーもそうですね。

 

毎月の月収が数十万を超えるプレイヤーは、だいたい読み手の人が書き手のことをよく知っています。

この人はこういう人だから、こういう書き方をするんだ!って思ったり。

まぁこういう人だからこう思うよね…。って考えたり。

 

そこまで行っている人は大成功している気がします。

 

そこまで行くにはいかに自分を人に見せるか。

自分がどんな人であるかということを懇切丁寧に説明しなきゃいけない。

 

その過程では恥ずかしいこともあるでしょう。

自分のことがよく分かる恥ずかしい過去とか(学生時代のバカやった話とか)

自分の考えとか。それを公開して伝えるって相当なことです。

 

アンチコメントなんてついたらたまったもんじゃないですよ。

だって、そのコメントがついた時点で馬鹿にされているわけですからね。自分の考えが。

 

それに耐えたからこそ、今の自分がある。

だから、強い。

 

僕はそう思います。

 

これからは、いかに自己開示をしていくか

これからは、いかに世界に向けて自己開示をしていくかの勝負になると思います。

 

僕がどんな人間であるか、僕がどんなことを好きなのか、どんなことができるのか、どんなリターンをくれるのか。

どんどん公開できる人が強い社会になります。

 

だって、ビジネスの場所でもあって間もない赤の他人よりも、どんな人たるかよくわかっている人の方に時ごとを頼みたいですよね。

もうその時点で、仕事が来るか来ないかわかっちゃうわけです。

 

いかに仕事ができていても、素性の分からない人には仕事を渡せない。

たとえ仕事が遅くても、中身がしっかりわかっている人に仕事を渡したくなる。

 

それが人間ってもんだと思います。

中身がわかっていれば、エラーも想定しやすくなりますからね。

あ、この人だったらこんな間違いしてそうだなって笑

 

そこまで考えてもらえるようになればいいですね。

 

だから、僕もやらなきゃね

だから、僕もやっていかなきゃいけないです。

 

自分のプライドも、恥も外聞もない星空家としてやっていくしかありません。

 

自分のことをもっと知って!

自分のことをもっと理解して!

 

とどんどん発信を強めていきたいと思います。

 

そして、その発信した先に何かが見えるように。

今は、研鑽をつむ時間なんでしょうね。

 

今は前向きに。

今はひたむきに。

せっかく掴んだ20代

大事にして、前を走っていきたいと思います。

 

今を悩んでいる20代のあなた。

20代というものはあっという間に過ぎてしまいます。

明日になったらもう30歳ですよ!

 

今からでも遅くない…ではありません。

今からじゃないと遅いんです

 

何か自分の中に込めているものがあるのなら。

自分の中でくすぶっているものがあるのであれば。

 

いま、点火しましょう。

水と油を注いで跳ねるように。

 

スパークできるのは今しかありません!

一歩前に踏み出しましょう!

 

そんな自分に対しても伝えたい星空家でした。

 

スポンサーズリンク

スポンサーズリンク

折り紙の歴史や文化、さらには教師資格のことまで!?

星空家はこんなことがやりたいです!

星空家はこんなことがやりたいです!

星空家のやりたいこと100選!!!

おすすめ記事一覧

-blog, オピニオン記事, 考え方

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.