blog 日記

しゃべるように書く ぼくのブログ

更新日:

スポンサーズリンク




どうも、今日は筆のノリがいいのでもうひと記事な星空家です。

仲間のエネルギーってすごいですね。仲間というか同じことをやっている人たちというか。

今現在、ぼくは多大な影響を受けています。

ブロビレサロンの破壊力

ぼくは、ブログビレッジというサロンに今までのブログに対する姿勢を破壊されました。

見事にぶっ壊れですよ。せすじぴーん!

 

ブロビレについてはこちらの記事をどうぞ。

ブロガー オンラインサロンのすすめ。

 

まず、300人のグループの通知のにぎやかさ

FBの通知がばかみたいににぎやかになりました。FB通知のメールが止まりませんね

ぼくも、最初はここまで活発になるとは思ってもみませんでしたよ。侮っていたかな?ごめんなさい笑

 

毎時間だれかが、何かを発信しているこの状況…。足を踏み入れなければ経験することができなかった領域です。

ほんとにブログビレッジに入ることができてよかった!しかも作成当初から。

ある程度落ち着いてから入っちゃうと、なんか温度差ありそうですしね。自分の中に。

 

誰かに見てもらえるという高揚感

ブログビレッジには、新着記事を報告できる場所があります。そこに、みなさん記事を報告しています。

そうすると、何かしらフィードバックがあるんです。なにこれすごい。

 

今までは、何かしら記事をアプローチするにはツイッターやFBの自分のタイムラインなど狭い自分の世界にしか発信できませんでした。

それを今なら、300人。しかも、同じブログ仲間という関係の中に発表できるのだから誰かが見てくれるに決まっている。

そして、コメントを頂いた時にはもう飛び上がるくらいうれしいですよね。

 

もちろんマイナスもある

もちろん、プラスな面だけではありません。

たくさんの目に触れるからと言って100%すべての人が見てくれるわけではありません。見てもらえるように面白い記事を書く必要があります。

それに気が付かず、反応がなかった時に勝手にへこんでしまったりします。

 

そして、自分より良い記事をたくさん書いている人たちが300人といるわけですから圧倒されちゃいますよね。ぼくは、圧倒されます。すげーって。

 

だからこそ、自分がかける記事がはっきりとしてくる

だからこそ、自分が書くべき記事がはっきりしてきました。これは、プラスですね。

ぼくは、誰かの役に立つような記事を書くことが苦手だったりします。商品を紹介する記事だったり、検索を狙った記事だったり。

検索を意識したり、商品を売ろうとするとキーボートたたく指が止まっちゃうんですよねぇ。なんでだろ。

自分の言葉じゃないからかなって思います。

 

それとは逆に自分の考え方や、思いを記事にするときはいくらでも指が回ります。こんな記事を書いているときみたいに。

自分の考えを記事にするのが好きなんだろうなぁって気が付くことができました。

 

僕の書き方は、しゃべるように打つ

僕の記事の書き方は、「しゃべるように打つ」書き方です。

ブログを書くときは、頭の中で音読して音読したものをタイプするやり方です。

そこそこのタイピングスピードとブラインドタッチができるからできる芸当ですね。ブロガーなら基本か笑

 

ぼくは、しゃべることが大好きなのでこのやり方がよく合ってるんですよ。10分ラジオも1年続けましたし!

上で書いた、指が止まっちゃう理由はしゃべれないからかな?自分の書いた文章が。

 

もし、記事を打つ手が止まっちゃう…。という人がいたら、しゃべりながら書いてみてください。

実際にしゃべりながら打つのも面白いですよ。

 

300人のブログの中で何に気が付くか

300人のブロガーの中で自分が何に気が付くのか。そこは、これからも大事にしていきたいです。

収益化を目指すなら、この中にいるだけではなく、300人の中で特異になる必要があります。

 

人と異なる道を選ぶというのは、異なる道を探すことから始めなければいけないので大変です。

その大変な先に、何かが見えるものがあるのであればそれを追いかけて走っていきたいですね。

 

 

 

ここまでお読みくださりありがとうございました。新しいコミュニティは人を変えます。ぜひぜひ、新しい環境に身を置いてみましょう。

スポンサーズリンク

スポンサーズリンク

折り紙の歴史や文化、さらには教師資格のことまで!?

星空家はこんなことがやりたいです!

星空家はこんなことがやりたいです!

星空家のやりたいこと100選!!!

おすすめ記事一覧

-blog, 日記

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.