blog 体験記 日常記事

やりたいことへの考え方が変わりました

更新日:

スポンサーズリンク




みなさん、やりたいことってありますか?

 

僕にはあります。

やりたいことリスト100なんて記事を作りましたが、今はもっとありますね。

 

そのことを、全く知らない大人の人に話す機会がありました。

Barに行ったときのお話なんですけどね

 

話をしたときに教えてもらったことが幾つかありますので、それをまとめたいと思います。

やりたいことは、挑戦をどんどんするべき

僕はまだ22歳であります。

まだまだぴっちぴちと言っていいほどの年齢。

 

世間一般では、4年制大学を卒業して新入社員をはじめている頃でしょう。

ついでに、もう嫌になってやめている頃ではないかな。笑

 

そっからやりたいことに挑戦していく時期だと思います。

 

そんな挑戦をしたいことに向け意識したいことをまとめておこうかな!

 

やりたいことは具体的に持つ!

やりたいことは具体的に考えて置かなければいけません

 

各人それぞれにやりたいことってあると思うんです。

大なり小なりあるかと思いますが、いろんなものをですね。

それをもう一度自分の中でまとめてみてください。

 

まとまりましたか?どんな言葉になりましたか?

 

例えば、前の段階まで僕は

「自分の声を使ってラジオを作りたい」と考えていました。

 

これを聞いてどんなものを想像しますか?

何も想像できないですよね

 

どんなラジオかな?

どんな喋り方をするのかな?

どこで放送したいのかな?

 

とか、気になる部分がいっぱいあると思うんです。

それを具体化しないとやりたいことがはっきりしません。

 

なぜ、そこに気がつけたのか

なぜ、そのことに気がつけたのか。

それは、やりたいことについて他人から質問されたからです。

 

冒頭でも描いたように、僕は今回BARで自分のことを話す機会をもらえました。

そのときに、自分より10年は生きている人たちから根掘り葉掘り聞かれたんです。

 

「ラジオをやりたいってどこでやりたいの?どこのFM局?」

「どんなラジオをやりたいの?どんな人がターゲットなの?」

「朝のラジオをやりたいの?朝のラジオを聞く人にどんな有益なものを渡せる?」

etc…カード(違)

 

いろんなことを聞かれたんですね。

そのときに僕は、そこまで考えていないよ…っていうのが本音でほとんど答えることができませんでした。

 

なんとか自分の中から絞り出して答えてみるけど、中身が伴ってないのですぐに別の質問で潰されてしまう。そんな問答が続きました。

 

このときに、あぁ自分はやりたいことについて詳細までよく考えていないんだなぁって言うこと痛感したところです。

 

やりたいことが具体的じゃないとどうなるか

やりたいことが具体的じゃないとどうなるか。

 

これが一番の問題でして、具体化する理由になります。

それは、やりたいことに対して本気で取り組めなくなってしまうんです。

 

自分のやりたいことがはっきりしてれば、それに挑戦するだけですもんね。

はっきりしてるからこそ、そこに自信がありふらつくことなく目的に向かって邁進できる。

 

逆に、はっきりしてなければ本気になれないんですよ。

 

だってねぇ、はっきりしてないものって何やればいいかわからないじゃないですか。

はっきりしてないから何が何に役に立つのかさっぱりわからないし

今やってることが本当に目的に向かってるのかすらわからなくなる。

 

だからこそ、本気を出せなくなってしまう。

本気をだすほどの問題なのかと疑問視をしてしまう。

でも、自分のやりたいことなんだろ?っていう思いもあるから

中途半端にやってしまう…そして、時間の無駄になってしまう。

 

こんなループを目一杯産んでしまいます。

 

具体化しましょうね具体化

だから、何かやりたいことがある人はまず具体的に思いを持ちましょうねってところ。

 

自分自身が具体化の途中です。

 

ラジオをやるにしても、どんなラジオにするのか。

どんなターゲット層を持つのか。

そもそもラジオを作りたいだけなら自分が喋る必要はあるのか?

とかとか

 

ひとに伝えて、ある程度納得してもらえるくらいの考えが持てれば良いですな。

しかして、人に納得してもらえることだけを考えて具体化をしちゃダメですよ。

 

面白くないものになりますからね!!

 

やりたいことをするって大概恥ずかしい

BARでお話をしているときにも一つおもしろい考えを聞きました。

僕が、昔やりたいことがあったけど恥ずかしくて諦めちゃったんですよね。

って話をした時でした。

 

そのときに、お客さんの一人が

「やりたいことやるなら恥ずかしく無いことなんて、これから一個もないと思うよ」

と言っていました。

 

やりたいことって全部恥ずかしい?

これを聞いたときは結構ハッとさせられました。

 

やりたいことをするって恥ずかしいことなんですよ。今の人間社会では。

(悪い意味じゃないですよ?)

 

みんながみんなして、やりたいことでは生きていけないって言う時代です。

 

特に親世代は、自分のやりたいことを諦めてうん十年も仕事をしてきた人たちばかりです。

その人達の妬みや羨みを一斉に受けるのが今の日本社会ってもんです。

 

だから、やりたいことを人前で言うと

「何を馬鹿なこと言ってんだ、真面目に働け」

って言われてしまい、だれしもが認めてくれません。

 

人に認められないということは、普通の人としては例外ということで

普通の人にもなれないなんて恥ずかしいよねってなるんです。

 

そんな環境じゃ誰もやりたいことをやろうとしない

そんな残念な環境では誰もやりたいことなんてやろうとしませんよね。

 

少なくとも僕はそう思います。

 

だって、夢持って自分のやりたいことを貫こうとしたら人に笑われるんですよ?

あいつはまた馬鹿なことをやってる。恥ずかしいやつだ。と

仲間はずれにされてしまう。

 

そんな環境じゃ誰もやりません。

 

一部の人は、そこら辺の意見を全く聞かないので

挑戦して成功していますよね。

 

僕たちはそこを選んで進みたいですね。

 

人に恥ずかしいって言われても、その人からしたら恥ずかしいだけで

その人以外の他の人に聞いたら全く恥ずかしくないとかよくありますから。

 

そんなことで恥ずかしいの?っとくらい思っとけば良いんじゃないですかね。

 

恥ずかしいことと思えば恥ずかしくない(?)

まぁそれでも、恥ずかしいって人はたくさんいると思います。

人間一人じゃ生きていないですからね。

 

だったら、こう考えましょう。

「自分がやってることは他人から見たら恥ずかしいことなんだ」って

そう自分が理解してみてください。

 

そう思うと気が少し楽になりませんか?

少なくとも僕はそう思いますね。

 

自分のやってることが恥ずかしいってことを理解すると見方が少し変わるんです。

開き直りっていうものですかね?それに近い感覚です。

 

自分は世間一般から見て恥ずかしいことをしている。

自分ではそんなに恥ずかしいことと思ってないけど。じゃぁ、恥ずかしいと思われてやっていこうじゃないかって。

 

やりたいことをやって恥ずかしいと思われるかもしれないから出来ない…。

なら、これをやったら絶対恥ずかしい人と思われる。と考えたらどうでしょう。

 

思われるかもしれない→思われる にしただけです。

 

どーせ思われるんだし気にしても仕方ない!って思えませんか?

 

 

今の社会で、一般常識(笑)以外のことをやれば恥ずかしいと言われます。

だったら、思われると思ってやりましょうよ。どーせ、笑われるんだから。

やりたいことをやって楽しそうに生きている自分を見せつけてやりませんか?

 

最後に、BARって良いところですね

ちょっと話題は変わりますが、BARって良いところですよね。

 

僕も、ここ数か月前に初めてBARに行きましたがとても良い経験をしています。

今回だって2回目のBARでしたしね笑

 

人と話をしながらお酒が飲める。こういう環境は積極的に活用していきべきだと思います。

 

BARだと、一人でいってもマスターが話しに付き合ってくれますし、他のお客さんがいれば一緒に話すこともできます。

自分から話しかけることが苦手でも、マスターがお客さんを繋いでくれたりします。もちろん、無理にはしないので安心ですよ。

 

自分から話題を提供しなくても、マスターの方から話題を振ってくれたりします。

しかも、BARのマスターは沢山の人にお酒を振る舞いコミュニケーションを取ってきた人ですので、コミュニケーションがとても上手です。ぜひ真似したい。

 

もし、これまでにBARに行ったことがない…という人は一度行ってみてはいかがでしょうか。

一回目でお気に入りのBARができるかは保証できませんが、いい経験になります。

 

人肌寂しいときにふらっと行けるBARが見つかるといいですね。

 

今一度、やりたいことについて考えたいという人はBARに行ってみましょう。

そして、もしお客さんがいたらお客さんに、いなかったらマスターに自分のやりたいことについて話してみましょう。

そうしたら、思っても見なかった発見に出会えますよ!

 

そして、新たな発見に巡り会えますことを願っております。

 

そんな星空な日常でした。

スポンサーズリンク

スポンサーズリンク

折り紙の歴史や文化、さらには教師資格のことまで!?

星空家はこんなことがやりたいです!

星空家はこんなことがやりたいです!

星空家のやりたいこと100選!!!

おすすめ記事一覧

-blog, 体験記, 日常記事

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.